太陽光発電工事の施工工程

太陽光発電工事の工程<陸屋根(折板)>の例

グッドハート株式会社は徹底的にこだわります

灰皿・消火器の設置

1.灰皿・消火器の設置

必ず、灰皿・消火器を設置します。
大切なマナーです。

yazirusi

足場の仮設

2.足場の仮設

お客様ご自身で、途中経過や
工事終了後の確認が出来ます。
高所作業ですので、足場がないとお客様が
不安になられるケースもあります。
やはり安全第一です。

yazirusi

固定金具1

3.固定金具1

屋根に固定していきます。
土台になる重要な金具です。

yazirusi

固定金具2

4.固定金具2

折板の屋根には下地があり、
ボルトが出ている箇所(列)で固定をしています。
そのボルトに金具を取付けることで、
引抜きの力を強くします。
台風の時でも大丈夫な様に、施工を行います。

yazirusi

固定金具にベースフレームを固定する

5.固定金具にベースフレームを固定する

yazirusi

ベースフレームの設置完了

6.ベースフレームの設置完了

yazirusi

ベースフレームに架台を固定する

7.ベースフレームに架台を固定する

yazirusi

高さを調整して固定する  yazirusi

8.高さを調整して固定する

yazirusi

ちょっと見てみて1

ちょっと見てみて1

架台について!
様々な条件(日当たり・風・屋根の広さ など)を
考慮して最適な配置・角度を決定します。
特注品です。

yazirusi

ワイヤーを張る

9.ワイヤーを張る

この工程は、ケーブルを固定するためで、
工事後に大きく影響します。
※これはメーカーの指示ではありません。
良い工事をするためには、
ひと手間加えることや工夫することが大切です。

yazirusi

架台の設置完了

10.架台の設置完了

yazirusi

パネルの設置

11.パネルの設置

ここでもケーブルをワイヤーに固定していきます。

yazirusi

ちょっと見てみて2

ちょっと見てみて2

ケーブルをワイヤーに固定することで、
ケーブルが垂れていないのが分かると思います。
工事完了後、下から見て頂いてもケーブルが
どこにあるのか分からないくらい綺麗です。
工事をされる際は、是非楽しみにしていてください。

yazirusi

.パネルを固定

12.パネルを固定

絶対に飛ばないように、専用の金具で
固定していきます。
工事完了後にも確認をして頂きます。
その際にパネルを触ってみてください。
「これなら飛ばないな!」
ということを確信して頂けます。

yazirusi

接続箱

13.接続箱

屋根の上で繋いだ配線を
1つにまとめるためのものです。
目立たない場所に設置します。
陸屋根架台の場合は、架台に
設置することが多いです。

yazirusi

屋根でまとめた線を屋内に通す

14.屋根でまとめた線を屋内に通す

美観を損なわないように、
目立たない色で設置します。

yazirusi

太陽光発電設置完成

15.太陽光発電設置完成

yazirusi

パワーコンディショナーと送信ユニット、ブレーカー

16.パワーコンディショナーと
送信ユニット、ブレーカー

パワーコンディショナーと送信ユニットです。
そして、ブレーカーが1つ付きます。
パワーコンディショナーは直流を交流の
電気に変える変換器です。
サンヨーは内部に設置します。
送信ユニットは、発電量や消費電力量を
カラーモニターへ電波を飛ばす装置です。