太陽光発電工事の施工工程

太陽光発電工事の工程<平板瓦の例>

グッドハート株式会社は徹底的にこだわります

灰皿・消火器の設置

1.灰皿・消火器の設置

必ず、灰皿・消火器を設置します。

yazirusi

足場の仮設

2.足場の仮設

足場を仮設します。お客様ご自身で、
途中経過や工事終了後の確認が出来ます。
高所作業ですので、足場がないとお客様が
不安になられるケースもあります。
やはり安全第一です。

yazirusi

床養生

3.床養生

必ず養生をします。
お客様の大切なお宅です。
「汚さない・傷つけない」は当然です。

yazirusi

養生

4.養生

こちらも養生です。
お客様が多少でも心配な箇所は養生をします。
遠慮なくおっしゃってください。

yazirusi

施工前の屋根の状態

5.施工前の屋根の状態

施工前も屋根の状態を見て頂けます。
中々見られない屋根の上です。
屋根に上ることを楽しみにされている
お客様は多いですよ。
上って頂くと「足場があってよかったね」と、
必ず言っていただけます。

yazirusi

アンカー位置の確認

6.アンカー位置の確認

アンカーの位置を確認します。

yazirusi

墨出し

7.墨出し

墨出しをします。
上下左右のバランスをとります。

yazirusi

瓦剥がし

8.瓦剥がし

瓦を剥がします。
アンカーは瓦の下にきますので、
瓦を剥がす必要があります。

yazirusi

垂木位置確認

9.垂木位置確認

垂木を探しています。
引抜きに対する強度が大切です。
垂木を探し、ビスが垂木にかかるようにします。

yazirusi

先行コーキング

10.先行コーキング

先行コ―キングをします。
アンカーの下にくる補強板です。
これも引抜きに対する強度を
高めるために使用します。
防水のため、先にコ―キングを
打っておきます。

yazirusi

補強板

11.補強板

アンカーのくる場所に補強板を置いていきます。

yazirusi

補強板固定1

12.補強板固定1

補強板を固定します。
先程探した垂木にビスを打っていきます。

yazirusi

補強板固定2

13.補強板固定2

ビスを打って、固定したところです。

yazirusi

ちょっと見てみて1

ちょっと見てみて1

使用するアンカーです。

yazirusi

アンカーの裏側です。

アンカーの裏側です。

黒い部分はブチルゴムです。
ダム工事にも使用される、防水ゴムです。

yazirusi

使用するビスです。

使用するビスです。

これは部材の一部ですが、太陽光発電の工事は
必ず純正を使用しなければ、
メーカーの保証が取れません。
お客様にとっては、純正を使用するということが
安心に繋がりますね。

yazirusi

14.アンカー位置確定

14.アンカー位置確定

アンカー位置確定です。

yazirusi

15.アンカー固定

15.アンカー固定

アンカーの固定です。
11か所にビスを打ちます。
これだけ打てば、飛んでいくことはありません。
お客様はやはり、台風の心配をされます。
ここまでするので、台風の時でも大丈夫です。
ご安心ください。

yazirusi

ビス頭コーキング

16.ビス頭コーキング

ビスの頭にコ―キングを打ちます。
お客様は「強度は大丈夫でも、
穴を開ければ雨漏りが心配。」と言われます。
写真のように、少しでも心配・不安な箇所には
防水をしていきます。

yazirusi

17.瓦の穴あけ

17.瓦の穴あけ

瓦に穴をあけます。
最初に剥いだ瓦ですが、アンカーのピンがくる
箇所の瓦には穴をあけます。

yazirusi

18.瓦を被せる

18.瓦を被せる

瓦を被せていきます。
アンカーのピンだけが、
瓦の下から出てくる状態です。
穴にコ―キングを入れていき、
ここでも防水を行います。

yazirusi

19.ゴムキャップを被せる

19.ゴムキャップを被せる

穴の上にはゴムキャップを被せます。
ゴムキャップにも先行コ―キングを行います。
前の工程でも書きましたが、
雨漏りを心配されるお客様がほとんどです。
そんなお客様の不安を解消するため、
防水を行います。

yazirusi

20.ゴムキャップの上にコーキング

20.ゴムキャップの上にコーキング

ゴムキャップの上にもコ―キングを打ちます。
ゴムキャップの周りが濡れてるように見えますが、
これはプライマー(密着剤)です。

yazirusi

20.ゴムキャップの上にコーキング

21.工事前半終了

ここまでが、工事前半というところでしょうか。
この工程当りでお客様に途中経過を見て頂きます。

yazirusi

ちょっと見てみて2

ちょっと見てみて2

こだわりのコーキングは、これ!
“ボンドエフレックス”
純正の部材を使用する。と、先程お伝えしましたが、
コ―キングは施工店によって違います。
グッドハート(株)では、より良い物を使用します!
ということで、【ボンドエフレックス】
というコ―キングを使用しています。

yazirusi

22.工事後半スタート

22.工事後半スタート

架台を設置します。
アンカーに架台を固定していきます。

yazirusi

23.ワイヤー張り

23.ワイヤー張り

ケーブルを固定するために、ワイヤーを張ります。
このひと手間が、工事後に大きく影響します。

※これはメーカーの指示ではありません。
良い工事をするためには、ひと手間加えることや
工夫することが大切です。

yazirusi

24.ケーブル固定

24.ケーブル固定

ワイヤーにケーブルを固定します。
ケーブルは長く、固定をしなければ、
瓦と接触してしまいます。
雨風の強い日にケーブルと瓦が擦れあって、
音を立てるという事例があります。
また、瓦やケーブルを傷める原因にも
なってしまいます

yazirusi

ちょっと見てみて3

ちょっと見てみて3

固定をすることで、ケーブルが垂れていないのが
分かると思います。
工事完了後、下から見て頂いてもケーブルが
どこにあるのか分からないくらい綺麗です。

yazirusi

25.パネル設置1

25.パネル設置1

パネルを設置します。
ここでもケーブルをワイヤーに固定していきます。

yazirusi

26.パネル設置2

26.パネル設置2

ここでもケーブルをワイヤーに固定していき、
絶対に飛ばないようにパネルを固定します。

工事完了後にも確認をして頂きます。
その際にパネルを触ってみてください。
「これなら飛ばないな!」ということを
確信して頂けますよ。

yazirusi

27.太陽光発電設置完成1

27.太陽光発電設置完成1

屋根の上から見た状態です。

yazirusi

28.太陽光発電設置完成2

28.太陽光発電設置完成2

正面から屋根全体を見た状態です。

yazirusi

29.接続箱の設置

29.接続箱の設置

※太陽光発電に必要な機器を設置します。

接続箱とは、屋根の上で繋いだ配線を1つに
まとめるためのものです。
家の外部または内部に設置します。

yazirusi

30.パワーコンディショナーと送信ユニットの設置

30.パワーコンディショナーと送信ユニットの設置

パワーコンディショナーは直流を
交流の電気に変える変換器です。
サンヨーは内部に設置します。
送信ユニットは、発電量や消費電力量を
カラーモニターへ電波を飛ばす装置です。

yazirusi

31.太陽光発電専用ブレーカーの設置

31.太陽光発電専用ブレーカーの設置

太陽光発電の工事を行うと、
新しく専用のブレーカーを設置します。